コラム 『きずな』


新年早々(2019.01.21)
 新年も早いもので3週間。お恥ずかしいが個人的には、正月気分が成人式頃まで抜けきれず、去年の流行語にもノミネートされていた「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と、ちこちゃんに怒られそうだ。世の中の動きは早い。改めて気を引き締めたい。
▼2019年も、年明けから韓国とのレーダー照射や徴用工の問題による関係悪化や、イギリスのEU離脱案否決など、国際情勢は相変わらず目まぐるしいが、最近では特にあきれたのが、厚生労働省の不適切勤労統計だ。国の基幹統計であり、さまざまな政策の基礎となったり、雇用保険などの給付額の基礎にも使われる重要な統計である。
▼厚労省の失態といえば、昨年の裁量労働制をめぐる不適切データ処理は記憶に新しい。「ウソついてんじゃねーよ!」と、多くの国民は怒っているだろう。年初の各種新聞の全面広告に、「敵は、嘘。」、「嘘つきは、戦争の始まり。」と掲載され話題となっていたのが思い出される。行政などに隠ぺい体質や不適切な処理が蔓延しているのではないか、という昨年からの不信感が拭えない。今回の不適切な処理に対し、政府は徹底的な調査と全貌解明をすべきである。これら社会の不満や不信を解決するには、いきつくところは政治である。
▼総支部の2018年の本格的な活動は、春闘対話会から本格的なスタートをきる。政治活動や「吉川さおり」など組織内議員等の重要性を改めて意識合わせしたい。今回の対話会では、春闘はもとより、組織見直しへの対応や、整備員等の労働条件への対応など、さまざま取り組みやそれぞれの認識を職場と共有したい。組合員の参加をお願いする。

お問い合わせ

  NTT労働組合
  テルウェル西日本グループ総支部
  〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央1-6-12
  TEL06-6944-7054 FAX06-6360-4616  mail mail sb_wtelwel@ntt-union.or.jp